秋田市とか都市の中心市街地にもっと隠れ家や秘密基地があったら楽しくなるなー!!

2014年5月14日 - 書評しながら建築とか秋田とか地方都市のまちについて考える!!

隠れ家や秘密基地というひびき。なんとあやしく魅惑的なんでしょうか!この本にはそんな多くの秘密基地や隠れ家の事例が紹介されています。しかもさらにご丁寧に実践するにあたってのヒントまで書いています。秘密なのに(笑)。

秋田市をはじめ都市にある中心市街地は、再開発された場所や郊外、幹線道路沿い新しく開発されたスコーンとした場所とちがって、何かごちゃごちゃしています。道がせまかったりもします。建物の間口がせまかったりもします。土地がやたら長かったりもします。絶対今だとこの建物は法規的にありえないだろっていう建物なんかもあったりします。などなど。そこにごちゃごちゃと人の生活や生活の跡が存在しています。そんな場所が多いです。そんな状況を私はおもしろい!と思っています。魅力を感じています。そこで今も生活していたり、お店に改造していたり、何かよくわからない使い方になっていたり。そんなシーンをみつけるとなんだかわくわくしてしまいます。

そこにはちょうどいい距離感やスケール感があったりします。人間臭さみたいなものがあったりします。その潜在能力は、その場所にある生活や歴史の蓄積なのでしょうね!そんな一角にちょっと人がたまれる場所であったり、誰か特定の仲間と共有できる場所であったりすると、まちで生活するのがいっそう面白くなる。と思っています。私の居場所もそんな場所でありたいです!

公民館のような施設はそんなに必要ないでしょう。広場はそんなに必要ないでしょう。だいたいそもそも欧米のように日本に広場にイベント以外で自然と集まる文化ないですもの。人があつまってくる場所ってもっと私的な場所でしょー。人の家の玄関先だったり、縁側だったり、店先だったり、私道の小さな路地だったり。自分たちの場所のほんの一部をまちにおすそわけしているような場所なのではないかなと。

前回ご紹介した秋田市の中心市街地で進行中のリノベーションプロジェクトは大人の秘密基地に近いです。オフィス空間ではあるのですが、オフィスであってオフィスでない遊びのある空間が生まれそうです!乞うご期待!!

mishin

そして今、渡邊唯建築設計事務所があるシェアオフィスMagも、ある意味秘密基地みたいな雰囲気をかもしだしていますよね。内容までは聞こえてこないにですが、小さく聞こえてくる共有スペースなどで交わされている話や打ち合わせの声がまたその雰囲気をつくりだしているんですよね!

magkaku

まちへの提案を模索し企てる場所は、どこか魅力的で遊び心のあるものでなくてはならないと思います。プレーンな空間からはプレーンな創造物しか生まれないと思います。

さてさてそんな秘密な場所ほど誰かに言いたくなる。大人の秘密基地はそんな場所であってほしい。もうそれは秘密ではない、秘密風って感じですが(笑)。

中心市街地に私的な大人の秘密基地、増やしていきましょう!!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ブログにおこしいただきありがとうございます。

渡邊唯建築設計事務所では住まいづくりやまちづくりのご相談を随時無料で行っております!

お住まいをご検討のかた、既存建物を活用してまちを元気にしたいとお考えのかたなどご遠慮なくおたずねください。

こちらからお伺いすることも可能です。

ご連絡お待ちしております!!

<お問い合わせは事務所ホームページからお願いいたします!>

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Pocket

› tags: 中心市街地 / 秋田市 / 秘密基地 / 隠れ家 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です