秋田とKADOKAWAの連携プロジェクト!コラボレーションが地域を面白くする!!

2014年4月21日 - シェアオフィスMag

渡邊唯建築設計事務所のある仲小路ビル。

その近くにある秋田県立美術館では、先週末4月19日(土)から「角川大映映画展」が開催されています。

「角川大映映画展」

こちらの展覧会は、出版社「KADOKAWA」と秋田県の協力協定による連携プロジェクトの一環で行われております。

このプロジェクト、秋田県の産学官と連携し観光や教育、文化の振興に取り組み、地域活性化を目指すため、KADOKAWAが秋田県と連携協定を締結し、先月公式発表いたしました。今回、同社が推進する地方自治体との連携事業の第1弾となるのがこの展覧会というわけです。またこの展覧会は今年度行われる国民文化祭応援事業にも位置づけられているとのことです。どんどんコラボして秋田との化学反応をおこしていってほしいですね!これを機会に秋田の人も引いて見てないでどんどんかかわって参加して楽しんでほしいです!

CIMG1263

あ、すいません(笑)。引かないでください。こちらは展示されておりました貞子の展示です(笑)。

株式会社KADOKAWAはIP(知的財産/コンテンツ)を創出する企業であります。IPというのは小説であったり映画であったり、アニメであったり、ゲームであったりとする人の創造活動から生まれる創作物や価値のことです。

このプロジェクトの準備が動きはじめているのを知ったのは、私が秋田に戻ってきて事務所を開設して少したったあとにシェアオフィスMag主催でセミナーが行われたときですね!

Magセミナー開催!コンテンツビジネスは地域を活性化できるのか!!」

 

そのときも秋田県と協業で地域を盛り上げる事業を新しく創りあげることができないかと考え動いておられました。そして今回地域とかかわることのできる事業を模索し、秋田県とかかわりあえる機会となりました。秋田を選んでいただいてありがとうございます!秋田のような地方都市という地域には、まだ発掘しきれていない多くの価値があり、財産があるように感じますし、実際あります!しかしながら発見のしかたや発信のしかたがうまくできていない場合が多い。そこでKADOKAWA!やはり価値の見出し方、発信のしかたは影響力がちがうはずですし、習うべき部分もたくさんあるかと思います。今回のプロジェクトは、他の地域でやってきたこととまったく新しいアプローチを模索しながらプロジェクトは動いています。これからどのようなものが秋田で創られそしてそれが地域にどのような影響が生まれてくれるのか楽しみです!

さて話はさかのぼりますが、昨年は私の事務所のある仲小路ビル地下「シェアオフィスMag」のメンバーで

KADOKAWAの森好文さんを講師にお招きし、研修を行っていただいておりました。

Mag研修!地域を盛り上げるコンテンツとアプローチ!!」

Mag研修2!地域と企業がコラボする!!」

公式発表の前でしたので踏み込んだ内容は書けておりませんが、地域に埋もれているコンテンツには可能性があるということ。そしてその発掘後のプロジェクト如何によって経済効果が得られることを事例を通してお話しいただきました。

建築をつくるという部分とは、また異なるアプローチではありますが、ものづくりとしての観点でおはなしを伺っているとまた新鮮であり、地域を元気にするアプローチの幅や視野がひろがり、大変勉強になりました!ありがとうございました!

そして話をまた戻しましょう。今回のプロジェクト、連携やコラボレーションが重要なキーワードとなっています。

秋田県という地域がKADOKAWAという大企業と連携することに対して地域づくりは今回のように地域から中枢を介していくのがいいか。「秋田の人だけでやりたい。外から入られたくない」など、地域で発生してそのままいくのがいいか。という論点もあがったりします。でも、私は前者のようにコラボの連鎖がまちを面白くすると考えるんですよね。お互いにとっていいことを模索することがよい価値を生み出すと思うんですよね!!

ということで企画のひとつひとつも楽しんでいただければと思いますが、上記のような視点でこのプロジェクトをみてみるのも面白いと思いますよ!秋田を元気にするヒントがこのプロジェクトでみえてくるかもしれませんよ!!いや、おそらくみえてきます!!!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ブログにおこしいただきありがとうございます。

渡邊唯建築設計事務所では住まいづくりやまちづくりのご相談を随時無料で行っております!

お住まいをご検討のかた、既存建物を活用してまちを元気にしたいとお考えのかたなどご遠慮なくおたずねください。

こちらからお伺いすることも可能です。

ご連絡お待ちしております!!

<お問い合わせは事務所ホームページからお願いいたします!>

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Pocket

› tags: KADOKAWA / コラボレーション / 秋田 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です