消えていく秋田の街の本屋さん

- 秋田を視て言葉にする

 

まちの本屋さんっていいですよね。ほどよい大きさで。立ち読みはしづらい部分はありますけれど(笑)。

 ここ渡邊唯建築設計事務所がある秋田駅前近辺の地域でもいくつか本屋さんがあったのですが、今はもうなくなってしまいました。

 たとえばここアトリオンの献血コーナーのところとか。

CIMG1113

 西武となりの今居酒屋チェーンがあるところとか。

CIMG1112

 フォーラスの裏のところとか。

CIMG1109

 よくこれらの場所では立ち読みをし、そして自転車が知らないうちに撤去されている。なんてこともあったなあと学生時代の記憶がよみがえりました。

 大手の大型書店の進出やwebでの書籍販売があたりまえになってきた昨今、まちの本屋さんが生き残ってゆくことが難しい状況なのでしょうね。しかも電子書籍なるものまでもでてきて、出版業界も新たな戦略を常に模索しているようです。

 でもですね。そんななか、ちまたでは独立系の書店というものが数を伸ばしてきています(秋田はまだ目立ったものはなさそうですが)!なぜでしょうか。これって多分、人なんですよね。それは、書店員、書店店主などによる、本の提案や、地域のコミュニティーとの連携だったりします。これはアマゾンにはできないことですよね!書店員はじめ、著者や読者と直接コミュニケーションができる場所。書店は地域の本好きな人々のコミュニティーのハブとなれるし、著者との交流イベントの舞台ともなれるのでは!書店は「本を売っているカフェ」になってしまってもいいと思うんですよ。本の選択やアドバイスに優れた能力のある独立系の書店の成功のチャンスを大きく広げるものなのではないかと考えます。まちの本屋さんはまだまだ死んじゃあいない!!

 話は少し発展します。将来的には、新しくシェアオフィスに入ってくる若手世代に引き継いでここを卒業する時期がくるでしょう。では次の事務所空間はどんな感じにしようかと。そんなときこんな場が事務所内の一角にあるといいなあと思ったりするわけです。かんたんにマンガイメージにするとこんな感じ。

CIMG1116

 古くなって閉店した商店建築なんかを改装してみます。2階は事務所空間として、1階部分の店舗跡を書店というかブックサロンのようにします。普段は一般の人も本を座って読める場所にしましょう。あるときはミーティングルーム。あるときは読書会などを行うイベントスペースとして使ったり。地面と続いている1階はまちや人とつながる居場所にするというもの。なかなか楽しそうですね!

 働く場所や環境。それは作業するためだけの場所だけでいいのか。たとえば設計事務所は図面かいて模型つくってそんな場所だけでいいのか。今ある事務所やお店、まちの空間は今のままでいいのか。普通は次の普通に変わらなくていいのか。生活の中で何が変わらないままで何を変えていくか。それは建築の枠を広げることにもつながるのではないでしょうか。今ある物事の価値観をひろげていくような提案をしてみることも私たちの役割でないかと考えます。それはもしかしたら新しい次の普通になるかもしれない。変わらないということが実は衰退するということでもあるんです。そんなことを考えながらこれからも設計活動を行っていきたいと思います!!

 いろいろアイデアがでてくるとそれを整理してみたくなります。整理するということは誰かに見ていただくことでもあると私は考えます。このブログはそんな場所でもありたいと思っています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です