「既存住宅状況調査技術者」講習修了

- 空き家・既存住宅の勉強

先日、国土交通省告示に基づく、「既存住宅状況調査技術者」の講習を受講し、その修了証が発行されました。
増えつつある住宅ストックをどう活用するかといううえで、既存住宅の品質に関する情報を提供することは、売主、買主、両者にとって重要な判断材料になります。
その中で建築士という職能がどんな部分で消費者に対して役割を担えるのか!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です