東日本大震災から5年。

2016年3月11日 - 東北という地域

東日本大震災から5年という月日が経ちました。

当時の様子を思い出して2年前書いたブログをもう一度読み直してみました。

東日本大震災から3年。あの日を思い出します。

記憶というものは、どんどん自分のなかで薄らいだり、異なる解釈をしたりすることも多いので、 このように書いたものを残しておくことの大切さを改めて感じています。

一昨年は東松島市主催の復興コンペに参加し、ほとんどはじめてといっていいと思いますが現地の状況を目にしました。 現実を自らの目などで体感することは、メディア等で入ってくる情報と感じ方がちがいました。

東松島プロジェクト

そして昨年は春に、岩手県の大船渡市、陸前高田市、そして宮城県の気仙沼市を訪れました。

大船渡、陸前高田、気仙沼を訪れました

やはり自らの意思で訪れることで、どう変わってき、変わっていないものは何なのかというのが 自分の目をとおして確認することができました。それが自分にとって大きいと感じています。

これからも少しでもそのような行動をしてゆくことで、何年経てもその事実を心に残しておきたいと思います。 この日をこれからもむかえることで、その事実をきちんと受けとめながら、 もしかしたら自分にいつか来るかもしれない自然災害についてもしっかりと対応できる心の準備をしたいと思います。 それが自分そしてそのまわりの人たちを守るということになるかもしれないからです。

ただ復興を祈るだけではなく、自らの職能をもって何かその希望へのお手伝いが少しでもできたらという思いのほかに、 先程書いた災害への心構えもひとつ、私ができるあの日を忘れないという行動であると考え、継続していきたいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です