東日本大震災から4年。

2015年3月11日 - 東北という地域

東日本大震災から今日で4年という月日が経ちました。

東京で勤めていたころに私は東日本大震災を体験し、そしてそのおよそ1年半後に地元である東北の秋田に戻って自分の設計事務所を設立しました。

昨年3年目の今日は、そのときの体験を思い出し、そして忘れないようにブログに書きました。

「東日本大震災から3年。あの日を思い出します。」(2014.3.11 yuiwata-archi.netより)

そしていつか近いうちに自分の職能をもって、被災地の復興に少しでも関わり、お手伝いができればと考えていました。

そのブログを書いてからの1年は微力ではありましたが少し被災地の復興再建に関わることができ、その想いが行動に結びつきました。

それは東松島市で震災からの居住再建が本格化する中、その場における被災地復興のための住宅コンペに参加したことです。そこでは、防災・災害危機管理、居住者の高齢化・福祉対応、および環境配慮・低炭素化に配慮した未来に向けた住宅を提案することで、参加した建築家をはじめ行政の方、その他専門家の方々と学び、考える機会をいただきました。

yuiwata-archi.net 『東松島プロジェクト』より

現場視察会では、小学校の修学旅行以来訪れた松島。その道中、住宅地が一瞬にして失われた場所を車で通り、そして当時のお話を実際聞いているとその光景がこんなにも多くのものを喪失したのか。。と言葉に発することのできない想いがわきました。

CIMG2108

そして、土地の高台移転先の風景や仮設住宅の風景、そしてそこに住まわれている方々が参加される住宅再建セミナーを見学させていただきました。そこには場所割りを多くの協議や調整で決定し、多くの専門家がかかわりながら、自らの力で未来への一歩踏み出し始めている姿がありました。その姿を目の当たりにしながら、みなさんが望んでいる住宅再建の本質はどんなものなのか。それを深く考える機会をいただきました。

CIMG2143

今後もまた、ただ復興を祈るだけでなく、自らの職能をもって何かその希望へのお手伝いが少しでもできたらと思います。それが私ができるあの日を忘れないという行動であると考え、努力をしていきたいと思います。

Pocket

› tags: 東北 / 東日本大震災 / 東松島 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です